Loading
あなたのWEBをプロ仕様にします

BLOG

ビジネスはしんどいものではない

ビジネスをやっていると
もしかしたら
うまくいかないことの方が多い
と感じているかもしれません。

その結果

「雇われている方が楽だな」と
思ったことはございませんか?

そのお気持ちとてもわかります。

やってもやっても効果がない。
一体私が何か悪いことでも
したんだろうか?と不安にさえ
なりますよね。

今日はそう感じている方への
考え方について説明します。

特に自分一人でしている場合

私は今でこそチームで動いていますが
一人でするということは

とても孤独な作業だと思います。

そんな時におすすめなのが
誰かのコンサルを受けること。

もちろん費用はかかりますが
ビジネスの相談は
ビジネスをやっている人にすることです。

友達にしても
「ほら、だから言ったでしょ?
起業はリスクだって」と
言われてるだけです。

ただ話を聞いてもらうだけではなく
慰めてもらうだけではなく
自分が盲点になっている部分を
教えてもらうことができます。

脳科学のある実験で
私たちの視覚を利用した実験があります。
参考の本↓↓

海馬

この実験は私たちの脳の
視覚化できない部分が
本当にあるということを
体感できる実験なので

ぜひやってみていただきたいのですが


脳の作りから
本当に見えない部分が存在します。

でも普段生活している中で
なぜ見えないか?を感じることは
ありません

その答えは
脳が見えない部分を
こうかな?と思って
映像で見せてくれているんですね。

信じられないけど
本当の話です。

目に見えないものの力を

信じるということがとても大事です。

そしてこの目に見えないものの力は
運とかそのようなことも含まれます。

誰かのコンサルを受けるってことは
この自分では見えていない部分の
盲点は他人からすると
明らかにわかるからです。

そうやって素直に他人の考え方を
自分の中に取り入れることは
とても重要だと言えます。

楽しさを思い出す

男性は割と厳しさにも耐えられます。

男性にとっては
権力とか地位・お金というものが
非常に重要だからです。

ですが女性にとっては
それ「だけ」だと
とても苦痛になりやすいんです。

女性でビジネスがうまくいく人は
割と男性脳の部分が多いですが
女性のほとんどの場合は

「楽しさ」を重視します。

楽しくないと辞めるという選択もあり得ます。

うまくいかない時に
楽しさを追求してというのは無理がある
と思ったかもしれませんが

あなたは今いろんな打ち手を
全部試してみましたか?

やれること全部やりましたか?

もしそれでももうどうしようもない
ならば、楽しさを思い出すことです。

なぜ今のビジネスをしようと思ったのか
ビジネスを通じて何を得ようと思ったのか
お客様にどうなっていただきたいと思ったのか

それらを思い出してみてください。

そして自分が何のために
そのビジネスをしているのかを。

自分が楽しくないと思うことは
結構な確率で
自分に向いてなかったりもします。

自分が得意なこと
好きなことを仕事に選んだはずです。

儲かるから、という理由で
選んだ人は
後々うまくいかなくなります。

それは多くの方を見てきて感じたことです。

まずは何をやっている時が楽しいのか
そしてその楽しい時を
どうやったらビジネスのなかに
取り入れることができるのか

ぜひ考えてみてくださいね。

集客・セールスは常にやり続けるもの

集客をしたり
セールスをしたり
売り上げのことを考えることは

実は起業を選択した時点でついて回るものです。

もうこれはずっと。

だからそこにしんどさを感じていたら
ビジネスは成り立ちません。

だからコツコツと
やり続ける他ありません。

魔法の杖なんてないのです。

いかに楽しくコツコツと集客・セールスをするかが
大事で、しんどいものの先からは何も生まれません。

私はセールスをすることや
お客様と話すことが好きで好きで
営業が向いているんですけど

今更会社の営業マンになれと言われても
それは難しいものがある・・・
だって時間もお金も全てが拘束されるし。

ならば自分でやろうと思って
今に至ります

単なるお喋りなだけなんですけど
自分の才能を心得ています。

だから、営業が苦手な人はぜひ
私と組んでください。
嫌な作業が一つ減りますから・・(笑)

集客については
とにかくコツコツと。
やっていきましょうね

もう、覚悟するしかございません。

私の大好きな社長さんが
おっしゃっていた大好きな言葉がございます。
それを最後にあなたに送ります。

集客とは、愛

関連記事

  1. 最近恐ろしく感じる「老害」

    2024.03.14
  2. 社員の我慢が多い会社の行く末

    2023.12.20
  3. 上司に絶対本音を言わない部下

    2024.01.28
PAGE TOP