Loading
あなたのWEBをプロ仕様にします

NEWS

マーケティングは自分でしたほうがいい

マーケティング会社も今は多いですが
マーケティングって
すごく面白いなあと本当に思います。

リアルでの展開より
インターネットでのマーケティングは
さらに面白くて

私もネットの世界にいて8年。
とっても楽しくマーケティングをしています。

マーケティングをするために
企業に頼むとなると
かなり高額ですが

正直なところ
マーケティングは自分で
できたほうがいいんですよね。

なぜならば、自分の会社に
とっても役立つからです。

私はいろんな業界での
マーケティングをしてきましたが

お金をかければ
いくらでもできることも
実はあります。

ですが最初は
まず小さな広告費をかけて
テストマーケティングをしていきます。


素人でもできるマーケティングについては
こちらのメルマガでも解説しています。


ここでおすすめの
マーケティング手法をお伝えします。

1.PPC広告(yahoo広告)

2.google広告

3.meta広告

4.SEO対策

 

まずおすすめとしては
PPC広告です。

なぜならば広告者向け専用の電話があり
こちらからいつでもかけられて
すぐに繋がり
とても丁寧に小さなことでも
対応してくださるからです。

 

一方Google広告は
少し複雑な仕様で
わからないことは
予約しないと繋がりません。

 

そしてmetaはFacebook、Instagram広告です。

ですが少々規制が厳しく
NGワードなども多く
場合によっては
広告アカウントを永遠に
停止させられる可能性が
ありますので要注意です。

 

いずれにしても
キーワードの設定
ターゲットの設定など
細かく設定できるのでおすすめです。

 

数日から5日程度広告をかけ
反応を見ます。

 

広告をかけるのは
ランディングページがおすすめです。

 

ランディングページで
登録またはお申し込みを作ります。

 

登録というのは
メルマガやLINE登録のこと。

 

クリックが何クリックあったか
それに対して何登録あったかを
できればexcelなどの表にして
書いておきます。

 

大体100クリックで1登録
くらいの感覚です。

 

クリックが多いのに
登録がない場合は
文章内容を見直します。

逆に言えば
クリックが少ない場合は
キーワードを変えたり
広告費用を増やしたりします。

 

そのような感じで
一番登録が増えるように
あれやこれや試行錯誤して行きます。

 

WEB広告に関しては
数字が取れるので
何が良くて
何が悪かったのか

 

検証しやすいです。

 

最後にSEO対策は
自分でできることも多いので
本などをみて私は最初
勉強しました。

 

読んだ通りに実行するだけで
割とそのキーワードで
お申し込みが増えたりしたので
おすすめです。

 

実はSNSよりも効果的

 

SNSで書いても書いても
登録が増えないと思う時は
SNSの全体のバランスとか
書いている内容を見直す必要が
たくさんありますが

 

ランディングページの広告は
ランディングページ自体の見直しと
あとは数字との検証のみなので
ある意味実はSNSを見直すより

 

登録が増えやすいとも言えます。

 

集客に困る理由は大抵はこの2つです。

 

1.圧倒的に分母が少ない

2.集客の入り口が少なすぎる

3.集客の切り口が少なすぎる

 

分母というのは見てもらえる数のことです。

インプレッションでどれだけ表示されているか
そしてどれだけクリックをしているかを見ると
大体は10%以下
そこから10%ずつ絞られていき

 

登録は1、などの世界です。

 

圧倒的に見てもらっている数が少ないと
どうしてもその先に繋がりません。

 

インフルエンサーになることが
ビジネスの全てではないですが
見てもらう、という点では
ある意味とても良いとも言えます。

 

問題はその先のビジネスモデルですが。

 

そして集客の入り口は多い方がいいです。

 

Instagram1本だと
どうしても数が少なすぎます。

 

少ないことで
分母の数が必然的に減ります。

 

そして最後に

 

切り口。

 

というのは

 

1つのビジネスのサービスに対して
いろんな角度から提案していく
ということです。

 

ランディングページも
例えば音楽教室であれば

 

生徒募集のランディングページ

絶対音感のランディングページ

子供の知育のランディングページ

音感が良くなるランディングページ

子供の習い事に関するランディングページ

親子音楽のランディングページ

 

などなど
実は同じ音楽教室への体験レッスン誘導
なのですが

 

切り口を変えることで
反応してもらいやすいこともあります。

 

同じワード
同じ内容で
反応がない場合は
反応を変えるしかないのです。

 

最初はうまくいくまでは
全てがテストです。

 

いろんな広告に1つにランディングページを
載せると

 

どの広告から来たかがわからない時もあるので
同じ内容をコピーして作ることも対策の1つです。

 

とは言っても
ランディングページをたくさん作るは
お金がかるし・・・と思っている方におすすめなのが

ワードプレスです。

 

固定ページで
他のページにリンクが飛ばないように
制作することが可能です。

 

自分で作れるし
修正も何度でもできます。

 

また、ワードプレスに
ランディングページを作ってくれる
デザイナーさんもいるので
頼んでみても良いでしょう。

 

美しいランディングページを作ったからといって
必ず登録者が増えるわけでは
ございませんが

 

ある意味業種によるとも言えます。

 

お堅めの職業であれば
やっぱり
プロの方に頼んで
きっちり作ってもらったほうが良いでしょう。

 


ということで自分でできるマーケティング。

いかがでしたか?

結局のところ
マーケティングをプロに頼んでも
同じことをするわけで・・・

時間がある方はぜひご自身で
マーケティングをしてみてくださいね。


弊社ではランディングページやホームページ制作に関して
マーケティングの部分は
付加サービスとしてお伝えしております。

 

PAGE TOP